(旧 株式会社応用電子)

AI・データ分析による継続的な業務改革をサポートします

業務提携 米国Sierraware社との業務提携を締結

アプライド エレクトロニクス株式会社 東京都品川区西五反田3-15-6、代表取締役社長 バルア・ビジョイ) は、米国Sierraware社(米国カリフォルニア州Cupertino、CEO Gopal Jayaraman)と、同社のVMI(VirtualMobileInfrastructure: 仮想モバイルインフラ)製品 「SierraVMI」の日本国内およびアジア市場における販売契約を締結しました。

アプライド エレクトロニクスは、仮想環境を使用したセキュアなネットワークアクセスに関する複数の特許を保有しています。それにより、Sierraware 社はアプライド エレクトロニクスの持つ仮想環境特許と関連技術で「SierraVMI」の国内市場への進出を優位に進めることができると判断し、今回の販売提携の運びとなりました。

【SierraVMI について】

「SierraVMI」は、VMI(仮想モバイルインフラ)と呼ばれる、サーバー上で仮想のスマートフォンを利用するためのソフトウェアで、スマートフォンの紛失によるデータ漏えいを防止し、ユーザーの利用するスマートフォンを効率的に管理・モニタリングすることができます。ユーザーは、各自のモバイル端末やPC からネットワークを介してサーバー上の「SierraVMI」で動作している仮想のスマートフォンにアクセスして業務を行います。シンクライアントやVDI(Virtual Desktop Infrastructure: 仮想デスクトップ)のように、業務で使用するアプリケーションやデータが全てサーバー上にあるため、ユーザーが端末を紛失してもデータ漏えいの心配がありません。

【アプライド エレクトロニクスの仮想環境特許と今回の契約締結について】
アプライド エレクトロニクスは、仮想環境を使用したセキュアなネットワークアクセスに関して多くのシステムに適用可能な複数の特許を保有しています。

【Sierraware 社について】
Sierraware 社は、アプリケーションへのアクセスやデータの保全の方法を改革する仮想化とセキュリティ・ソリューションを提供する先進的な企業です。Sierraware社の仮想モバイルインフラ(VMI)ソフトウェアは、開発者がすべてのモバイル・プラットフォームを単一のアプリでサポートを後押しし、データの保護とユーザー行動のモニタリングを実現します。

【アプライド エレクトロニクスについて】
アプライド エレクトロニクスは、長年の研究開発の結果、VDI やVMI などの仮想環境を使用したセキュアなアクセスに関する複数の特許を保有しており、それらの特許により、仮想環境を使用した分離による安全アクセスを実現することで、ユーザーは場所や端末を選ばずに業務を遂行することができます。

更新日:2021年1月25日